アサシンクリード3で難しかった事

アサシンクリード3では地下があります。地下から街中を移動できるという事なのですが、出入り口は10ヶ所あり、すべて自分で探さなければいけません。
そしてやっとの思いで出入り口を見つけても、扉の仕掛けを解除しないと出入り口にはなりません。仕掛けは主に2種類あります。

一つはバラバラに動く3つの半円状の歯車を揃える仕掛けです。これが適当に動かしていけば解除できます。そして難関なのが2つ目です。
二つ目は映写機を使い扉に映し出される4つのマークを正しい位置に入れ替えるという仕掛けです。ヒントがあります。

しかしそのヒントから答えを導き出すのがかなり難しいです。ヒントは歴史でウィキペディアのような文章を読みそこからマークの意味を読み取り正しい位置にします。難しいです。
アサシンクリードは大人向けのゲームですが、こればかりは大人だなと実感しました。文章からマークの意味を読み取り正しい位置するというは理解力が無いと難しいです。

コメントは受け付けていません。