イボ 皮膚科

投稿日:

イボに悩む女性
ひとくちに「イボ」と言っても種類はいろいろ。
実は「イボ」とは肌の表面から突起する小さなできものを総称している言葉です。

「イボ」と呼ばれているものに含まれるものを正確に区別すると主に次の3つになります。

  1. ウイルスの感染によるウイルス性疣贅(ゆうぜい)
  2. 水イボ(伝染性軟属腫)
  3. その他に老人性イボ(スキンタッグ、アクロコルドン、脂漏性角化症)

また「イボ」ができる箇所もいろいろで、顔面、指、胸、陰部、足の裏、首などが主な箇所です。

注意すべきなのはイボの中にはすぐに皮膚科で治療すべきものや人に感染してしまうものもあるということです。

ここでは皮膚科で治療した方がいいイボの種類や治療方法を解説していきます。

ウイルス性の「イボ」ってどこから感染するの?

ウイルス性イボの疑問

「イボ」の原因となるのが「ヒトパピローマウイルス」というウイルスの一種です。

このウイルスは実は健康な皮膚には感染しません。どんな場合に感染するかというと皮膚に傷があった場合に、小さな傷口からでも侵入して皮膚に感染、増殖して、最終的には表面が盛り上がり「イボ」となってしまうのです。

なんと100種類以上もあり、種類によって症状が違います。

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうせい)

尋常性疣贅はヒトパピローマウイルスの感染によって起きる、よく見られる「イボ」のことです。

感染場所は爪の付け根の皮膚に起きることが多く、ときに爪の下の部分に起きることがあります。

爪をかむこと(爪咬症)で、この感染症が広がることがあります。

また子どもによくできる「イボ」でもあります。

小さな傷口からでも感染してしまうので怪我しやすい手足の末端などによくできます。

ちなみに老化現象で起こる老人性疣贅もありますがどちらも悪性ではありません。

悪性ではないため基本的に治療をしなくても問題ありませんが、「見た目」「美容上」気になるとして治療して除去する場合が多いです。

軟属腫疣贅(扁平疣贅/へんぺいゆうぜい)

イボの先端が平らで比較的若い女性に多く見られるイボです。

青年期に発生することから「青年性扁平疣贅」とも呼ばれます。

主に顔面部に発生し、難治性のイボです。

足底疣贅(そくていゆうぜい)

ヒトパピローマウイルス感染により、足底にできるイボでミルメシアとも言います。

色は通常、肌と同様の色をしていますが、小さい黒い点が皮膚表面にできることもあり、これもその一種です。

尖圭コンジローマ

性感染症の一種で痛み・かゆみを伴わない場合が多く、イボに気づかず感染が広がるというケースが多いです。

外陰部や肛門周辺にできる鶏冠状のイボです。

感染の広がりを防ぐためにもイボを見つけたら皮膚科で相談するのがおすすめです。

ウイルス性イボの治療法とは?

皮膚科でのイボの治療

ウイルス性イボの治療方法には以下のものがあります。

液体窒素の冷凍凝固療法

超低温の液体窒素で患部を急激に冷やして、皮膚表面にできたイボの異常組織(ウイルス感染細胞)を壊死させることで、新たな皮膚の再生を促す治療です。

薬品塗布して皮膚を腐食させる治療

冷凍凝固療法は痛みがあるため、子どもなどにはこちらの治療が行われることがあります。

「水イボ」は放置していてはダメ?

水イボも伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)というウイルスによる良性のイボです。

ウイルス感染により発症しますが、ほうっておいても1~2年ぐらいで自然に治ることがほとんどです。

かゆくなることは時々ありますが、痛くなるようなことはなく、また全身に与える影響はありません。

イボの表面はつるっとみずみずしく輝いているイボです。1~3ミリほどの大きさで、体のどこにでも発症する可能性があります。

このウイルスの免疫を獲得したあとはイボはできなくなります。

水イボの治療は?

水イボの治療法は主に3つです。

  1. ピンセットでイボをつまみ、ウイルスを除去する
  2. 冷凍凝固療法
  3. 薬品塗布

自然に治るため放置してもよいという話もありますが、他部位感染してイボの数が増えたりします。

かゆみがある場合があるのでかくことでイボを増やしたり、子ども同士の接触で感染が広がってしまうため、できればイボの数が少ないうちに皮膚科で治療しましょう。

治療は必要?中高年でできてくる首イボ・脂漏性角化症

首のイボ(アクロコルドン)

中高年になると首にできてくるイボ。

この多くはウイルス性ではなく、アクロコルドンと呼ばれる非感染性のイボです。

中高年だけができるわけではなく、20歳~の方に発症することもあります。

褐色のイボ

頭部・顔・前胸部・背部を中心としてよくみられる褐色のイボは脂漏性角化症です。

20歳以降で出現し、80歳以上の高齢者ではほぼ全員に見られるイボで、時々かゆみを伴う場合もあります。

表面はザラザラとしています。

こちらの生活上で邪魔になる場合は保険も適応になりますが、基本的には自費になります。

また、皮膚科で切除やレーザーで除去する場合は色素沈着などの副作用もあります。

まずは自宅でのスキンケアの見直しをして増やさないように対策することがおすすめです。

\自宅でのイボケアにおすすめ/


Copyright© わらびはだ 口コミ , 2019 All Rights Reserved.