わらびはだ 成分

更新日:

わらびはだの成分解析
わらびはだは自然由来の沖縄植物エキス配合や美肌成分がたっぷり配合されています。

安全性やどんな効果があるのか詳しく見ていきましょう。

わらびはだの全成分表示

わらびはだの全成分はこちらになります。

水、BG、グリセリン、エタノール、スクワラン、ホホバ種子油、ユビキノン、セリン、グリチルリチン酸2K、アラントイン、シイクワシャー果皮エキス、アセロラ果実エキス、加水分解アナツバメ巣エキス、アロエベラ葉エキス、ハトムギ種子エキス、キハダ樹皮エキス、水溶性コラーゲン、プラセンタエキス(馬)、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、キサンタンガム、水添レシチン、コレステロール、ココイルサルコシンNa、フェノキシエタノール、オクラ果実エキス、ゲットウ葉エキス、ヘチマエキス、オリゴペプチド-24、PEG-60水添ヒマシ油、カルボマー、水酸化K、HEDTA-3Na、エチルヘキシルグリセリン、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、ヒドロキシプロピルシクロデキストリ

沖縄の自然が凝縮、わらびはだ

沖縄県は長寿の県として有名です。この沖縄県で生産された天然のめぐみをたっぷり配合しているわらびはだ。

わらびはだは、沖縄の強い日差しのなかでも負けないほどたくましい沖縄の植物の成分を配合してつくられます。

具体的にどんな植物が配合されているのか、その安全性も含めてご一緒に確認していきましょう。

シークワーサーエキス(シークワシャーエキス)

シークヮーサー

沖縄の果実といえばやはりシークワーサーですよね。わらびはだにはこのシークワーサーエキスが含まれます。

シークワーサーエキスにはビタミンCがたっぷりと含まれており、メラニンの生成を抑制する効果や、紫外線によって引き起こされる炎症を防ぐ効果があります。

シークワーサーは試験が行われており、肌につけても危険性がないとされています。

さらに柑橘系のさわやかな天然の香りがリラックス効果を生みだしてくれるのもうれしいところですね。

へちまエキス

へちまエキス
へちまエキスは肌荒れを防ぎ、日焼けややけどによる炎症をやわらげる効果があるとされ、昔から多用され、現在も多くの化粧品で利用されています。

毒性はもちろん、皮膚刺激性、眼刺激性、アレルギー反応を起こすと言った実績もなく、安全な成分だと言えます。

ゲットウ葉エキス(月桃葉)

ゲットウ葉エキス
県外ではあまり知られていない植物ですが、ゲットウは沖縄ではよく見られるハーブです。

「神秘の命薬」と呼ばれ、沖縄の人々の生活のなかで親しまれてきた植物ですが、近年になり抗菌作用、抗酸化作用、色素沈着抑制、さらには抗老化作用があることがわかってきました。

スキンケアとしても活用され、さまざまな製品としてすでに利用されているゲットウ。

毒性もなければ、皮膚性刺激、アレルギー報告もなく肌に安全な植物です。

ハトムギ種子エキス(ヨクイニン)

ハトムギエキス
ハトムギは漢方薬としても用いられる植物で、肌の新陳代謝を促し、老廃物の排出を行うとしてよくイボや角質ケアのスキンケアには用いられる植物です。

毒性、皮膚刺激性、アレルギー報告はなく、肌に安全な原料です。

オクラエキス

オクラエキス
オクラエキスはビタミン類を多分に含み、かつ角質の水分を補い、皮膚の水分を逃がさないという働きがあります。

毒性、皮膚性刺激、アレルギー報告はなく、10年以上にわたり医薬部外品として実際に使われている原料です。危険性はないと言えるでしょう。

アセロラエキス

アセロラ
美肌のための植物であるとも言えるほど優秀なアセロラエキスもわらびはだには含まれています。

なんとアセロラエキスにはレモンの約28倍のビタミンCが含まれます。

美白効果も高く、皮膚を柔軟にしてシワができにくい肌にしてくれます。

さらに収れん作用もあるため開いた毛穴を小さくする効果もあります。

ビタミンCのほか、ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2などさまざまなビタミン類が含まれていることも特徴です。

飲み物としても摂取されている植物で、体にとって危険性はないと言えます。

わらびはだに配合されている美容成分

わらびはだの美容成分
わらびはだに含まれる成分を見ていくと、多くの化粧品で使われている美容成分はもちろん、高価なためあまりほかでは使用されない美容成分も配合されています。

詳しく解説していきますのでぜひ参考にしてくださいね。

EGF(ヒト遺伝子組替オリゴペプチド-1)

聞き慣れない成分「EGF」ですが、実はこれを発見したスタンリー・コーエン博士(アメリカ)がノーベル賞を受賞したほどの成分です。

この成分は成長因子であり、肌の新陳代謝を活性化、ターンオーバーを促す働きを持っています。

また血の流れを改善し、肌に大事なコラーゲンの蓄積を促進する効果もあるため、医療分野で多用されてきたという実績もあるほどの効果の高い美容成分です。

毒性、刺激性、アレルギー報告はなく、安全性は高いと言えます。

馬プラセンタ

プラセンタと言っても馬、豚、海洋性などの種類がありますが、特に馬プラセンタは非常に希少なため高価な原料です。

プラセンタは美白、保湿、肌のターンオーバー促進、色素沈着を防ぐ、コラーゲン生成促進などの効果があります。

安全性の面では、厚生労働省認可の医薬部外品であり、安全性は高い原料です。さらに豚などのプラセンタに比較して、馬プラセンタは安全性の管理ができているため安心して使用できます。

ユビキノン(コエンザイムQ10)

ユビキノン(コエンザイムQ10)は強力な抗酸化作用で肌の老化を抑制するとされる成分です。

毒性、皮膚刺激性、アレルギー報告はほぼない安全な成分です。

ヒアルロン酸

保湿成分として多用される美容成分ヒアルロン酸もわらびはだには含まれています。

こちらも毒性、皮膚刺激性、アレルギー報告はほとんどなく安全な成分です。

コラーゲン

コラーゲンはもともと肌にある成分ですが、加齢とともに減少していくものです。
これが失われていくと肌の弾力がなくなり、たるみの原因になります。

エイジングケアとして化粧品には多用される美容成分ですね。

毒性、皮膚刺激性、アレルギー報告はなく安全な成分です。

アナツバメ巣エキス

肌の再生を促進し、肌荒れの改善もする美容成分です。

美容効果のある食材としてもツバメ巣は有名ですが、アナツバメ巣エキスはさまざまな美容化粧品に使用されています。

同じく含まれるプラセンタやコラーゲンと一緒に配合することで相乗効果もあるようですよ。

スクワラン

保湿力・浸透力が高い美容成分です。
肌荒れ改善、ニキビ予防にも効果を発揮します。

毒性、刺激性はなく化粧品成分として数十年の長い歴史を持つ成分で、安全性の高い成分です。

ホホバ種子油

最近になり、化粧品に使用されることが多くなってきたホホバ種子油。

高い保湿のほかに、殺菌作用、抗酸化作用、肌のバリア機能を高める効果、紫外線ダメージから肌を守る効果、湿疹・肌荒れ予防&改善効果があるとされ、人気の原料です。

毒性、皮膚刺激性、アレルギー報告は確認されておらず安全です。

グリチルリチン酸2K

ニキビ・湿疹などの肌の炎症に効果があり、敏感肌の方用のスキンケア・美容品などに使用されることが多い成分です。

軽度の紅斑が起こるケースがあるようですが、毒性、皮膚刺激性、アレルギー報告はありません。

アラントイン

あまり耳にすることがないかもしれませんが牛から発見された粉末状の成分で、非常に高い消炎作用、抗アレルギー作用、細胞活性化促進作用などを持っています。

毒性、皮膚刺激性、アレルギー症状を起こしたという報告も今のところなく、危険性がない成分であると言えるでしょう。

まとめ

わらびはだの成分や危険性についてみてきました。

わらびはだは危険性のない植物エキスや美容成分を配合しているので敏感肌にも優しいです。

私も敏感肌ですがわらびはだを使ってから肌荒れがしなくなりました^^

安全な成分にこだわりがある人はわらびはだをお試ししてみてもいいかもしれませんね。

\初回82%オフ!返金保障付/

最安値!わらびはだのキャンペーンページはこちら

実際にわらびはだを3ヶ月使った私のビフォーアフター写真つきレビュー

Copyright© わらびはだ 口コミ , 2019 All Rights Reserved.